「信じられません・・・。」重度の野球肘と診断され、3ヵ月後の試合に出られないと泣きじゃくっていた息子が、まさか、試合の“40日前”からマウンドに立てるようになるなんて・・・

実践者の感想(西山和也君(仮名)11歳小学6年生)

昨年の9月でした。

息子が が痛くて曲がらないと言い出し、病院に連れて行くと、離骨折と言われ、3ヶ月間は投球禁止と診断されました。

その後、先生のところお世話になりました。

「大丈夫、大丈夫。」

一ヶ月間で投げれるようにするから、任せといてって言われてとても安心したのを覚えています。

実際、9月10日に始めてから10月16日には、マウンドに登っていました。

ウソみたいですが、今も再発していません。

これからも親子ともどもお世話になります。

ありがとうございました。


実践者の感想一覧へ戻る

@プロが教える野球肘治療法を実践してみる!

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。野球肘治療に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

スポーツ障害wiki

SUB MENU

当サイトに関して

あなたのお子様は、以下のような症状を、訴えてきた事がありますか?

・肘の内側が痛む。
・曲げると痛い。
・伸ばしきると痛みが出る。
・投げた後、肘がだるい。
・練習中は大丈夫なのに、家に帰ると腕が
 だるい。
・投げる(ボールを放す)瞬間に肘の内側に痛み
 が走る。
・バットを振っても痛むときがある。
・朝起きると肘がだるい。

もし、一つでも該当すれば、それは野球肘の可能性が大いにあります。たくさんの不安や心配が一瞬にして脳裏を駆け巡った事でしょう。しかし、ご安心ください。今から、このサイトであなたの全ての不安を取り払うことをお約束します。