「信じられません・・・。」重度の野球肘と診断され、3ヵ月後の試合に出られないと泣きじゃくっていた息子が、まさか、試合の“40日前”からマウンドに立てるようになるなんて・・・

実践者の感想(沖縄県 I.T様)

はじめまして、毎朝新しいメールは入っていないかと楽しみに机に向かう日々を過ごしております。

小さいころから野球少年として活躍すればするほど体を酷使する現状、また、結果を求め技術や体力練習にばかり目が行き、体のケアや柔軟性、アップやダウンがおろそかになっている現状があることを感じております。

これは地域柄もあるかと思いますが、大概ある程度の結果が出ると満足感に浸ってしまい、人生の最大の山となる高校生の時期にはほとんど燃え尽き症候群やヘルニアや野球肘などの障害による意欲の消失につながっている選手が多く存在するのを目の当たりにしています。

そんな中、このようなDVDが今後、野球人口の低年層の段階からまた、それを指導する側の方にも広がってくれるともっともっとレベルの高い野球、楽しみながら自分自身で作り上げていける野球が実現でき、今、社会問題になっている孤立感や指示待ち症候群などの社会的問題の改善にもつながり、よりよい豊かな社会自立の道が見えてくるのではないでしょうか。

今回はちょっと変わった観点からの感想を述べさせていただきました。何度も繰り返し確認しながらこのDVDを子供と共に活用していきたいと思います。


実践者の感想一覧へ戻る

@プロが教える野球肘治療法を実践してみる!

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。野球肘治療に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

スポーツ障害wiki

SUB MENU

当サイトに関して

あなたのお子様は、以下のような症状を、訴えてきた事がありますか?

・肘の内側が痛む。
・曲げると痛い。
・伸ばしきると痛みが出る。
・投げた後、肘がだるい。
・練習中は大丈夫なのに、家に帰ると腕が
 だるい。
・投げる(ボールを放す)瞬間に肘の内側に痛み
 が走る。
・バットを振っても痛むときがある。
・朝起きると肘がだるい。

もし、一つでも該当すれば、それは野球肘の可能性が大いにあります。たくさんの不安や心配が一瞬にして脳裏を駆け巡った事でしょう。しかし、ご安心ください。今から、このサイトであなたの全ての不安を取り払うことをお約束します。