「信じられません・・・。」重度の野球肘と診断され、3ヵ月後の試合に出られないと泣きじゃくっていた息子が、まさか、試合の“40日前”からマウンドに立てるようになるなんて・・・

実践者の感想(徳島県 K.T様)

まずは姿勢が大事だと痛感しました。

ヒーローインタビューとかでお立ち台に立ってる選手見てたら猫背の人とかおりません。

やはり堂々としてて風格あるいでたちです。

ボールを投げる時も姿勢を正してから投げると肩の可動域が大きいと感じました。

さらに、ストレッチ!これは抜群です。肩ができるのが短時間になりました。

すぐに投げられます。あと、肘が以前より上がってます。フォームも改善されてます。

当然、投げる球もいい感じです。ショートから一塁へ軽く投げても余裕で届くようになりました。

足の方も、ふとももの裏側を毎年のように肉離れしてましたが、最近はしない、する感じがしない。

ストレッチ、最高です!

以上は私の実際感じたことです。

次に、息子ですが、中二ながらイマイチやったんですが、最近監督に「肩が強くなった。」「バッティングでパワーが付いてきた。」と言われるようになりました。

立ってる姿勢も傾いたりしてたんですが、最近歩く姿勢がだいぶ良くなりました。

親の私が見ても最近上手くなるスピードが早くなってきたように思われます。

あと、足が張ったとかは言いますが、肘、肩は全く心配なし。

練習休むようなこともなく元気にやっております。

現状はこんな感じでまさに、いい感じ♪です。

ありがとうございました。

これからも親子ともども精進します!^^!

予防トレーニングって、やっぱり必要なんですね^^;,


実践者の感想一覧へ戻る

@プロが教える野球肘治療法を実践してみる!

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。野球肘治療に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

スポーツ障害wiki

SUB MENU

当サイトに関して

あなたのお子様は、以下のような症状を、訴えてきた事がありますか?

・肘の内側が痛む。
・曲げると痛い。
・伸ばしきると痛みが出る。
・投げた後、肘がだるい。
・練習中は大丈夫なのに、家に帰ると腕が
 だるい。
・投げる(ボールを放す)瞬間に肘の内側に痛み
 が走る。
・バットを振っても痛むときがある。
・朝起きると肘がだるい。

もし、一つでも該当すれば、それは野球肘の可能性が大いにあります。たくさんの不安や心配が一瞬にして脳裏を駆け巡った事でしょう。しかし、ご安心ください。今から、このサイトであなたの全ての不安を取り払うことをお約束します。