「信じられません・・・。」重度の野球肘と診断され、3ヵ月後の試合に出られないと泣きじゃくっていた息子が、まさか、試合の“40日前”からマウンドに立てるようになるなんて・・・

よくあるご質問

Q、本当に息子の野球肘を防げるのでしょうか?
防げます。むしろ、私のケア方法に取り組まなければ野球肘になる可能性が圧倒的に高まります。少年野球において、オーバーワークはお子様の体を破壊する大きな要素となります。しかし、そのことをあまり気にしない監督やコーチが多いのも事実です。「球を早く投げる!」「遠くに投げる!」など、成長が未熟な少年たちに無理難題を課す指導者が多いのは昔も今も変わらないですが、現代の子供たちの基礎体力を考慮して筋肉疲労を回復する方法を教えてあげて欲しいです。しかしそれは期待してはいけません。色んな指導が存在し、色んな指導方法がございます。だからこそ、父親であるあなたが、子供の大好きな野球を続けてもらうためにも、良きサポーターとして自宅でケアしていく必要があるのです。しかし、普通の保護者では何をどうしてよいか分からないはずです。下手をすれば間違えた情報で、お子様の健康状態をさらに悪い方向へ導くかもしれません。そうならないためにも、私が233名の野球少年を救ったノウハウの結集である今回の教材を手に入れて、大切なお子様のために、野球肘を未然に防ぐ方法を学んで頂きたいと思います。お子様の才能が開花し、その後もずっと野球を楽しんでもらうためには、少年期におけるお父さんのかかわりが必要なんです。私はそれを全力でお手伝いするために、培ったノウハウを100%あなたにお伝えいたします。

Q、本当に14,800円の価値はあるのでしょうか?
今回、私がお教えする野球肘をケアする方法を、あなたが他の手段で手に入れようとするなら、あなたは、野球経験のあるスポーツトレーナー、もしくはスポーツ障害専門の医師、スポーツリハ専門病院の理学療法士などに直接お話をお伺いする必要があります。もし、あなたの家の近くにそのような方がいらっしゃって、かつ13000円以下で全てを学べるのであれば、私の教材を手に入れる必要はないでしょう。しかし、実際はどうでしょうか? すでにご経験のある方ならお分かりかと思いますが、そのような専門医院で治療と続けると、通常の病院よりも随分な医療費がかかってきます。例えに私の施術院を例に出しますが、私の施術院は自費施術なので、通院してもらうと1回5,000円の施術費を頂くことになっています。状態にもよりますが野球肘の場合、3ヶ月間(週に2回)通院していただきます。3ヶ月つまり14週ですよね? つまり1週間に2回来院していただくので合計28回の通院が必要になるのです。これをお金に換算すると、28回×5,000円=140,000円もの施術費用になるのです。私の施術院は決して高いわけではありません。おそらく平均的な価格だと思います。140,000円かけて得る内容が、その施術費用の10%程度で手に入れられ、しかもメールサポートまでもが付いてくるのであれば? つまり、14,800円は安すぎる買い物という事では無いでしょうか?

Q、満足保証というけど、本当に大丈夫なのですか?
もちろん、大丈夫です。あなたが教材の内容をご覧いただいてご満足いただけなかった場合、何度ご覧頂いた後でも30日間に限り、理由を問わず、手数料735円を差し引いた金額をお振込みします。

Q、とても興味がありますが、他の所で売られている教材と違いはありますか?
違いはあります。なぜなら、私の野球肘施術ノウハウは私が開発したものであり、私だけが知っているものだからです。さらにいえば、自分自身で野球肘をチェックするノウハウを、私は他で見たことがありません。おそらくそのような内容が盛り込まれた教材は、業界でも始めてではないでしょうか?そこを考えると、今回の教材は国内的に見てもレアな教材と言えるでしょう。本来であれば奈良県もしくは関西圏でとどまる野球肘施術テクニックが、今回ようやく全国にリリースされることとなったのです。他の所で売られている教材との違いという次元ではなく、今までに全く存在しなかった教材といった表現が正しいと言えるでしょう。

Q、どうしても分からない事が出てきたらどうすれば?
ご安心ください。メールサポートといった形で、あなたの疑問や不安に関して全てお答えさせて頂きます。大事なお子様の事ですので、もし分からないところが出てきたら、分かったつもりで実践するのではなく、必ず私に確認していただければ幸いです。

Q、インターネットでの申し込みが不安です。
もし、あなたがインターネットでのお申込みに対して、不安をお持ちならご安心ください。お客様のウェブブラウザーとサーバ間の通信は SSL 暗号通信により、暗号化されますので、ご記入いただく内容はすべて安全に送信されます。


233名のお子様の野球肘を治療してきた画期的方法とは?

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。野球肘治療に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

スポーツ障害wiki

SUB MENU

当サイトに関して

あなたのお子様は、以下のような症状を、訴えてきた事がありますか?

・肘の内側が痛む。
・曲げると痛い。
・伸ばしきると痛みが出る。
・投げた後、肘がだるい。
・練習中は大丈夫なのに、家に帰ると腕が
 だるい。
・投げる(ボールを放す)瞬間に肘の内側に痛み
 が走る。
・バットを振っても痛むときがある。
・朝起きると肘がだるい。

もし、一つでも該当すれば、それは野球肘の可能性が大いにあります。たくさんの不安や心配が一瞬にして脳裏を駆け巡った事でしょう。しかし、ご安心ください。今から、このサイトであなたの全ての不安を取り払うことをお約束します。