「信じられません・・・。」重度の野球肘と診断され、3ヵ月後の試合に出られないと泣きじゃくっていた息子が、まさか、試合の“40日前”からマウンドに立てるようになるなんて・・・

スポーツ障害wiki(概要) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

スポーツ障害(スポーツしょうがい)は、スポーツ(運動)をすることで起こる障害や外傷などの総称である。使い過ぎ障害(つかいすぎしょうがい)、使い過ぎ症候群(つかいすぎしょうこうぐん)ともいう。

長期的に同じスポーツを続けることなどにより、体の一定の部位に負担がかかって起こる障害。スポーツにおける体の使い過ぎ(オーバーユーズ)を原因とするもので、成人だけでなく、成長期の子供にもよく起こる障害である。

■疲労骨折

疲労骨折とは、通常の負荷では骨折を起こさない程度の力が、正常な骨の同じ部位に継続的に加わることで、骨組織の結合を破壊し、最終的に骨折となる障害のことである。「骨折」というと、障害というよりも怪我のようなイメージではあるが、「同一部位に継続的に負担がかかり起こる」ことから、障害として扱う(もちろん、スポーツ時のアクシデントによる骨折は怪我である)。


人間の骨格スポーツによる疲労骨折は、疾走やジャンプによるものが非常に多く、

肋骨(ろっこつ) - ゴルフ、ボート競技、野球
肘頭(ちゅうとう) - 野球、やり投
鎖骨(さこつ) - 剣道、ラグビー
尺骨(しゃっこつ) - ソフトボール
脛骨(けいこつ) - 疾走、ジャンプ
腓骨(ひこつ) - 疾走、ジャンプ
大腿骨(だいたいこつ) - 疾走、ジャンプ
骨盤(こつばん) - 疾走、ジャンプ
中足骨(ちゅうそくこつ) - 疾走、ジャンプ
足根骨(そくこんこつ) - 疾走、ジャンプ
などの骨折が挙げられる。特に脛骨の骨折が多く、疲労骨折の約50%を占めるとされる。

症状は患部の疼痛であるが、その診断は容易ではない。初期の疲労骨折は、X線写真ではほとんど分からないため、疲労骨折が疑われる場合、定期的にX線写真を撮り、経過を観察することが重要である。また、X線写真以外の検査としてMRIでの検査を行うこともある。

疲労骨折の治療は、ギプスなどによる固定を行うのが一般的な治療法である。症状が軽い場合、スポーツを休ませるだけのこともあるが、難治性のものもあり、こうした場合は手術を行うこともある。


@プロが教える野球肘治療法の詳細はコチラから

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。野球肘治療に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

スポーツ障害wiki

SUB MENU

当サイトに関して

あなたのお子様は、以下のような症状を、訴えてきた事がありますか?

・肘の内側が痛む。
・曲げると痛い。
・伸ばしきると痛みが出る。
・投げた後、肘がだるい。
・練習中は大丈夫なのに、家に帰ると腕が
 だるい。
・投げる(ボールを放す)瞬間に肘の内側に痛み
 が走る。
・バットを振っても痛むときがある。
・朝起きると肘がだるい。

もし、一つでも該当すれば、それは野球肘の可能性が大いにあります。たくさんの不安や心配が一瞬にして脳裏を駆け巡った事でしょう。しかし、ご安心ください。今から、このサイトであなたの全ての不安を取り払うことをお約束します。