「信じられません・・・。」重度の野球肘と診断され、3ヵ月後の試合に出られないと泣きじゃくっていた息子が、まさか、試合の“40日前”からマウンドに立てるようになるなんて・・・

スポーツ障害wiki(テニス肘) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

テニス肘(テニスひじ)は、テニスなどのラケットを使用するスポーツをする人にみられる上腕骨外側上顆炎または上腕骨内側上顆炎のこと。

上腕骨外側上顆炎はバックハンドストロークで発生するため、バックハンドテニス肘という。

これに対し、上腕骨内側上顆炎はフォアハンドストロークで発生するのでフォアハンドテニス肘という。

いずれも使いすぎ障害で、初心者や筋力の弱い中年の女性(40-50歳)に多い。

ここでは、バックハンドテニス肘について記す。


■原因

バックハンドストロークでボールを正確に捉えられず手首の力で対抗すると、手関節の伸筋やその付着部位に負担がかかる。その結果、筋の変性や骨膜の炎症などが発生する。

■症状

手関節を伸展(背屈)したとき、あるいは伸筋が緊張するときに、肘や前腕に痛みを訴える。

■検査

中指伸展試験、手関節伸展試験(トムゼンテスト、コーゼンテスト)、椅子試験(チェアテスト)で陽性を示す。


@プロが教える野球肘治療法の詳細はコチラから

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。野球肘治療に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

スポーツ障害wiki

SUB MENU

当サイトに関して

あなたのお子様は、以下のような症状を、訴えてきた事がありますか?

・肘の内側が痛む。
・曲げると痛い。
・伸ばしきると痛みが出る。
・投げた後、肘がだるい。
・練習中は大丈夫なのに、家に帰ると腕が
 だるい。
・投げる(ボールを放す)瞬間に肘の内側に痛み
 が走る。
・バットを振っても痛むときがある。
・朝起きると肘がだるい。

もし、一つでも該当すれば、それは野球肘の可能性が大いにあります。たくさんの不安や心配が一瞬にして脳裏を駆け巡った事でしょう。しかし、ご安心ください。今から、このサイトであなたの全ての不安を取り払うことをお約束します。