「信じられません・・・。」重度の野球肘と診断され、3ヵ月後の試合に出られないと泣きじゃくっていた息子が、まさか、試合の“40日前”からマウンドに立てるようになるなんて・・・

スポーツ障害wiki(野球肘) フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

野球肘(やきゅうひじ)は、投球動作を積み重ねることにより起こる肘の痛みである。

正式な医学的名称は上腕骨内側上顆炎。別名、リトルリーガー肘、リトルリーガーエルボー、ベースボール肘、ベースボールエルボーとも呼ばれる。

一般に野球の投手に多く見られる。症状は投球のリリースの際に肘に激しい痛みを覚え、投球を困難にさせる。

一球で野球肘になることはなく、長期間に渡る悪いフォームでの投球、過度の投球によって起こる。

そのため野球肘は怪我ではなく故障であるといえる。

また類似のものとしてテニス肘がある。


■原因

主な原因として、投球フォームに無理があることが考えられる。

フォームの欠点は人それぞれであるが、多くの場合投球のリリースの際に上体が開いている(正面を向いてしまっている)ことにより、肘が体から遠くを通り、肘にかかる負担を大きくしていることによる。


@プロが教える野球肘治療法の詳細はコチラから

Yahoo!ブックマークに登録

無料メールマガジン

私は本気であなたのお役に立ちたいと思っております。野球肘治療に関するお得な情報を不定期ではありますが配信させていただいております。登録・解除はいつでも可能なのでお気軽にどうぞ。
お名前:
email : 

MENU

スポーツ障害wiki

SUB MENU

当サイトに関して

あなたのお子様は、以下のような症状を、訴えてきた事がありますか?

・肘の内側が痛む。
・曲げると痛い。
・伸ばしきると痛みが出る。
・投げた後、肘がだるい。
・練習中は大丈夫なのに、家に帰ると腕が
 だるい。
・投げる(ボールを放す)瞬間に肘の内側に痛み
 が走る。
・バットを振っても痛むときがある。
・朝起きると肘がだるい。

もし、一つでも該当すれば、それは野球肘の可能性が大いにあります。たくさんの不安や心配が一瞬にして脳裏を駆け巡った事でしょう。しかし、ご安心ください。今から、このサイトであなたの全ての不安を取り払うことをお約束します。